プレスルーム

3次元半導体形状シミュレータ「ParadiseWorld-2」の 新バージョンの販売を開始 〜ツールのポータル化により,設計データの可用性・共有化を促進〜

 EDAツールの開発・販売・コンサルティングも手掛けるNTTデータ数理システム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山本二朗)は、11月1日より、半導体形状シミュレータ「ParadiseWorld-2 V3」の販売を開始いたしました。

 ParadiseWorld-2 は、レイアウトデータとプロセスフローから、物理シミュレーションにより、半導体の3次元加工形状を作成、可視化するツールです。ボクセル法の採用により、従来のストリング法やレベルセット法では難しかった積層メモリやFinFETをはじめとした大規模かつ複雑形状を3次元で解析できます。 本ツールを用いることにより、試作前の3次元加工形状の評価や故障解析時の参照用形状作成を効率的に行うことができます。また、容量解析モジュールを使用することにより、作成した3次元加工形状からシームレスに、容量・抵抗・インダクタ抽出を行うこともできます。3次元加工形状から CAD データへの変換モジュールも備えておりますので、電磁波解析や応力解析に持ち込むことも可能です。ParadiseWorld-2 を用いることで、一般的な CADツールではモデリングが難しい複雑な3次元形状でも、形状シミュレーションを介して、種々のデバイス特性解析に繋げることができます。

 新バージョン ParadiseWorld-2 V3 では、ますます複雑かつ精巧になるデバイスのプロセス設計・物理設計に対応するため、操作画面の抜本的な刷新を行いました。あらゆる解析操作のポータルとなる「統合 GUI」が導入され、この上でシミュレーションや結果の評価などを一括して行うことができます。また、3次元形状可視化ビューワのwebクライアント化により、得られた加工形状をブラウザ上で可視化できるようになりました。これにより、設計者の間で形状データを手軽に共有でき、設計工程の円滑化を促進します。さらに、STL 出力機能の追加により、得られた加工形状を活用可能なCADツールやCAEツールの種類が桁違いに多くなりました。このように、ParadiseWorld-2 V3は、3次元形状シミュレーションを核に、半導体プロセス設計と物理設計のシームレスな連携を促すポータルツールに刷新されました。

 ParadiseWorld-2 新バージョンの詳細については、2013年11月20日から22日までパシフィコ横浜で開催される「EDSFair 2013」にて展示出展いたします。また、バージョンアップ項目も含めました ParadiseWorld-2 の詳細につきまして、紹介セミナーでもご紹介申し上げます。

■ParadiseWorld-2 V3 の主な機能強化項目
・統合GUIの導入による操作UIの抜本的な刷新
・STL出力機能の追加
・3次元可視化ビューワのサーバ機能の追加

■ParadiseWorld-2 紹介セミナーの詳細
開催日時:
・2013年12月13日(金) 13:00〜15:00
・2014年01月14日(火) 13:00〜15:00
会場:株式会社NTTデータ数理システム・セミナールーム
参加費:無料

■NTTデータ数理システムについて
商号:株式会社NTTデータ数理システム
本社所在地:東京都新宿区信濃町35番地信濃町煉瓦館1階(2013年9月1日移転)
設立年月日:1982年4月1日
代表者:代表取締役社長 山本 二朗
従業員数:90名(2013年6月末現在)
事業内容:
・データマイニング、最適化等、先端アルゴリズムの実装能力を強みとして、自社開発パッケージ・ソフトウエアを販売。
・パッケージ販売に伴う分析コンサルティング・サービスとアプリケーション開発を提供。
・その他、数値計算手法を活用した数理科学分野のソフトウエアを受託開発。

■本件に関する問い合わせ先
株式会社NTTデータ数理システム
科学技術部 EDAグループ
TEL: 03-3358-1701
E-mail: pw-info@msi.co.jp



出展者セミナー聴講事前登録はこちら/マイページはこちら

主催者

同時開催

Embedded Technology 2013

メディアパートナー

Tech-On

EDN

EETIMES Japan

半導体産業新聞

このページの先頭へ